賃貸物件への申し込み

気に入った賃貸物件があれば、まずは申し込みをして審査を受け、審査に通れば正式に賃貸契約、という流れになります。審査と聞くと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、家主さんから見れば、部屋を貸して大丈夫な人なのか、きちんと毎月家賃を払ってくれるだろうか、ということが当然気になります。普通の社会人で、きちんと家賃を支払える人であれば、断られることはまずありません。 申し込みは正式な契約ではありませんので、後で止めることもできます。しかし申し込みをした時点で、不動産会社は他の人にその部屋を紹介しなくなります。安易な気持ちで申し込むことはやめておきましょう。申し込みをしなければ、ほかの人に決まっても文句は言えません。本気で契約をする気持ちがあるなら、申し込みをして賃貸物件をキープしておきましょう。 申込書には氏名や生年月日、勤務先、連絡先等を記入します。また民間の賃貸物件ではほとんどの場合、連帯保証人が必要です。どうしても保証人を立てられない人は、保証会社を通すことを条件に契約できる場合もあります。いずれにしても、万一家賃を滞納した時などの対策として、保証人を求められるのは仕方がないことです。保証人は安定収入のある人に限ります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件を仲介する不動産会社.